インプラントQ&A

インプラントオペに年齢制限はありますか?

年齢制限に関しては、20歳以下の顎の成長を続けている患者さんは、インプラントを行うことはできません。
上限に関しては、基本的にはありませんがインプラントオペに耐えうる体力さえあるならば何歳でも良いと思います。

このページのTOPへ

分割払いはできますか?

カードによる分割払いの他・デンタルローンを用意しておりますので、 分割払いをご希望の患者さんは、お気軽にスタッフにお声をお掛けください。
また、当院ではインプラントオペの際に半額、治療終了時に半額という2分割払いになっております。

このページのTOPへ

インプラント治療後にMRI検査ができない?

昔は、手術で金属を入れた患者さんのMRIはできないと言われていましたが、近年では心臓ステントや脳動脈クリップ、骨折治療のプレートやネジ等も普通に撮影できます。
磁石を用いている場合は影響がでますが、インプラントをしたからといってそんなに影響が大きく出るわけではなく、銀歯や金歯と同程度であると考えられますので、MRI検査は受けられます。

このページのTOPへ

全身麻酔でオペをお願いできますか?

全身麻酔でオペを行う際には、入院が必要となりますし、尿道カテーテルの挿入など非常に患者さんへの負担・リスクも大きくなると考えておりますので、全身麻酔でインプラントオペは行っておりません。
その代わりに行っているのが「眠っている間にインプラント」です。患者さんの負担も少なくリスクもないために欧米では普通に行われている麻酔法になります。詳しくは、眠っている間にインプラントのページを参照してください。

このページのTOPへ

治療期間、手術時間はどれくらい?

治療期間・手術時間は、患者さんのケースによって様々になります。ここではインプラント1本のケースに関して説明していきます。

  • 治療期間 上顎インプラント1本は、3ヶ月で、下顎インプラント1本は、2ヶ月になります。
  • 治療時間 インプラント1本は、30分、インプラント2本は、40分になります。

このページのTOPへ

インプラントは一生使えますか?

基本的な考えとしては、インプラントは生涯を通して使用することができます。
しかし、あくまでも人工物になりますので、定期的な検診は必須となります。

このページのTOPへ

インプラント値段は高い?

多くの患者さんが歯を失ってから、インプラント・ブリッジ・入れ歯の説明を受けます。
インプラントは高いなーとブリッジだと両隣の歯に負担がかかるしなー入れ歯は、入れたくないしなーと悩まれると思います。そこでインプランは、保険で治療できないのかな?と考える方が非常に多くいらっしゃいます。
保険診療の場合、通常3割負担ですので、初めから70%オフの診療が受けられますが、保険外診療の場合、10割負担で、0%オフとなります。
海外では、国民健康保険がそもそもないので医療を受けるには、高い費用が必要だと初めから理解していますが、日本ではそうもいきません。
ほとんどの医療を日頃70%オフで受けていますので、0%オフとなって初めて医療費が高いということに気がつきます。

このページのTOPへ

インプラントが保険適応となるケースとは?

インプラントが保険適応となるケースがないかというと平成24年より特別なケースに限って保険が適応になります。特別なケースとは、国が定めた条件をクリアしなければなりません。

  • 先天性疾患で顎骨が1/3以上欠損しているケース(口唇口蓋裂、第1鰓弓症候群、ピエールロバン症候群)
  • 口腔ガンなどにより顎骨を切除したという診断がなされるケース
  • 事故の外傷で顎骨を失われたケース

このような限られたケースのみインプラントが保険適応となります。

このページのTOPへ

インプラントが保険適応となる医療機関とは?

上記の限られたケースに加えて、医療機関(病院、診療所)にも受けられる条件があります。一般的な開業医では行えません。

  • 入院用のベット数が20以上ある。
  • 歯科、口腔外科で5年以上の経験があり、かつインプラントの3年以上の経験を有するものが、常勤で2名以上いる。
  • 当直体制が整っている。
  • 医療機器や医療薬品の管理が整備されている。

以上のような項目がクリアできている施設となると大学病院となります。

このページのTOPへ

インプラント除去は、保険で行える?

インプラントの除去は、保険で行うことができます。インプラントも人工歯根タイプ、ブレードタイプ、骨膜下インプラントの3種類がありますが、それぞれ保険でインプラントを除去することができます。

費用は、人工歯根タイプで3割負担の場合、お薬代別で約3,000円になります。ブレードタイプの場合、お薬代別で約5,500円になります。
骨膜下インプラントの場合、お薬代別で約6,500円になります。
インプラントの除去する前にレントゲン(CT)検査や歯周病の検査などもありますので、別途費用はかかりますが、保険で3割負担でインプラントを除去できるというのは、非常に患者さんにとってメリットが高いと思います。

このページのTOPへ

インプラントは、先進医療?生命保険?

医療保険をご自分でかけている人は、インプラントも先進医療の1つとして認められるのでは?と思われるかもしれません。
先進医療とは、将来的に保険診療として認められると期待される医療技術で、国が認めるものを言います。
2012年3月31日までまでは、インプラント治療も先進医療として認められていましたが、2012年4月1日より先進医療として認められなくなりました。そのため、生命保険による先進特約でインプラント治療は認められません。
一般的な歯科医院で行なわれているインプラントは、先進医療ではなく保険外の自由診療となります。2018年1月現在で歯科における先進医療は、「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法、骨髄由来間葉系細胞による顎骨再生療法になります。詳しくは、厚生労働省のHPに記載してありますので参考にしてください。

このページのTOPへ

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから