オールオン4の利点

オールオン4の利点

オールオン4の利点

オールオン4の利点:写真

  • 費用が安い。
  • 本数が少ない。
  • 手術当日に固定できる。
  • 痛みが少ない。
  • 治療期間が短い。
  • 骨の移植が必要ない。
  • 入れ歯の違和感や痛みがない。
  • 総入れ歯の比較

オールオン4は、4本のインプラントを埋入することで片顎10~12本の歯を支えることが出来る新しいインプラントの技術となります。
従来のインプラントの方法ですと骨が足りない患者様には、サイナスリフトやソケットリフトと骨移植が必要となり、時間的に長く患者様の負担も大きい状態でしたが、 オールオン4では、骨が足りなくても、骨の多い部位を狙ってインプラントを埋入しますので、骨移 オールオン4のメリットに関して、1つ1つわかりやすく説明していきます。オールオン4は、開発当初非常にセンセーショナルな治療方法で、多くの先生が少ない本数で骨の造成も必要ないことから、オールオン4のメリットに関して疑問に思えた部分もありましたが、時が経ちその治療方法の利点が見直され、しっかりとした治療方法だということも再確認されています。

このページのTOPへ

オールオン4は、費用が安い

総義歯との比較:写真

費用に関しては、皆さんが気になるところだと思います。オールオン4は、費用が安いといえども元々の金額が高いことは確かです。では、そもそもオールオン4は、なぜ高いのでしょうか?
それは、元々のインプラントなどのパーツ代が高く、ネジ1つで何万もしますので、やはりある程度の値段はしてきます。たまにオールオンのモニターだと費用が安くなりますというHPなどもありますが、基本的に安すぎるものに関しては、何か裏があると思われますので、上アゴで200万円を下回る場合は、安いインプラントを使用していたり、安いかぶせ物を使用している場合がほとんどだと思います。詳しくは、オールオン4費用のページをみてください。

オールオン4の費用

このページのTOPへ

オールオン4は、本数が少ない

総義歯との比較:写真

現在まで、歯のない患者様や重度歯周病の患者様にインプラントを埋入する際は、8~10本のインプラントを埋入する必要がありましたので、術後の腫れや費用的な負担も大きく、なかなかインプラントを選択する患者様は少なかったと思われます。  
オールオン4は、4本のインプラントを埋入することで片顎10~12本の歯を支えることが出来る新しいインプラントの技術となります。この4本のインプラントでかぶせ物を支える技術は、4脚の椅子よりヒントを得たと言われています。
写真のように4本の脚で体重の重い方が座っても支えることができるいう理論より、オールオン4もパウロ・マロによりこの理論が応用されて、利用されるようになりました。

このページのTOPへ

オールオン4は、痛みが少ない

総義歯との比較:写真

オールオン4は、骨造成を行わないのが特徴としてあります。骨造成を行うと腫れます。これは、しょうがないんですが骨造成は腫れます。逆に言うと腫れないと骨ができないんです。腫れるということは、痛みを伴います。
では、オールオン4は、どうかというと骨造成を行いませんので、腫れや痛みが少ないんですね。これは、手術を受ける患者さんにとってかなり朗報だと思います。
オールオン4以前に、インプラント手術となると皆さん怖いというイメージがありますので、痛みが少ないということは、メリットが大きいと思います。

最近では、フラップレスと呼ばれる歯肉を開かないインプラント手術も行われるようになっています。歯肉を開かないために痛みや腫れもさらに少なくなっています。実は、私は歯肉を開く派ですが、インプラントフラップレス手術を全て否定するわけではありません。本当に骨があり、歯肉を開かなくても大丈夫なケースもありますが、それ以外のケースでは、確実に歯肉を開くことをオススメします。これは、手術を行ったドクターにしかわからないかもしれませんが、骨の白い色と歯肉の中の白色が区別がつかにことがあり、歯肉を開かないとその区別がつかずに骨の中にしっかりとインプラントが入らずに中途半端になってしまうことがあります。そのため、私は、歯肉を開いて必ず骨との境を確認してからインプラントを埋入します。かなり、インプラント手術に成熟した先生なら問題ないかもしれませんが、私は心配性なので確実な手術方法を選択してしまいます。

このページのTOPへ

オールオン4は、治療期間が短い

総義歯との比較:写真

前述もしてありますが、オールオン4は骨の造成をしません。
骨の造成に使用するのは、人工骨もしくは自家骨で、骨ができるまでに時間がかかります。人工骨が骨になるには、半年くらいの期間が必要になります。そこからインプラントを埋入するとなると結構な時間がかかります。

オールオン4の大きなメリットに骨の造成をしないということがありますので、治療期間が短くなります
オールオン4の治療期間は、上アゴで4ヶ月で、下アゴで3ヶ月くらいになります。患者さんによって治療期間は、変わりますので詳しい期間は主治医の先生に必ず確認するようにしてください。何れにしても治療期間は、骨の造成に比べると非常に短くなります。

このページのTOPへ

オールオン4は、骨の移植が必要ない

総義歯との比較:写真

オールオン4の1番の魅力は、手術当日に固定ができるという点だと思います。
総入れ歯で噛むと痛い!
重度歯周病で歯が揺れて噛めない!
大きなブリッジをしていたが中が虫歯で揺れて噛めない!
こんなことでお困りになっている患者さんが多いのではないでしょうか?
皆さん、本当にお困りで歯科医院にいらっしゃいますので、オールオン4の手術をして当日に固定できると非常に笑みがこぼれます。ぐらぐらしていたものが、固定できて食事ができるということは、患者さんにとってこれ以上にない喜びなんだと思います。

手術当日から1ヶ月は、まぐろのお寿司くらいの固さの食事を心がけることは忘れないようにしましょうね。

このページのTOPへ

オールオン4は、骨の移植が必要ない

総義歯との比較:写真

前述してきましたが、骨の移植をしないで4本のインプラントを行う方法がオールオン4になります。オールオン4は、上アゴですと前歯の硬い骨の部分に4本インプラントを埋入します。これにより、少ない本数で固定することができるわけです。

下アゴの部分も同じように、下歯槽神経という大きな神経を避けて、前歯の付近に4本を埋入します。

このようにオールオン4は、奥歯は傾斜をさせてできるだけ硬い骨の前歯部にインプラントを埋入することで骨造成を避けるようにしています。前述しましたが、そのことで治療期間の短縮や治療費用が安くなります。

このページのTOPへ

オールオン4は、入れ歯の違和感がない

総義歯との比較:写真

上アゴの入れ歯は、口蓋と言われる上の部分を覆っているために、発音がしにくく、声がこもったりしますが、オールオン4は、上アゴを覆うことはありませんので、発音がしやすいというメリットがあります。入れ歯を装着した時に皆さんが気になさるのは、音がこもってしまい、何を喋っているのか?わからないということを気にされますので、そのような患者さんにはもってこいの治療となります。

下アゴの入れ歯は、動きやすいという特徴があります。下アゴには、舌があります。この舌を動かすたびに入れ歯が動いて痛いという現象に悩まされます。

部分入れ歯は、総入れ歯と大きな違いとしてバネがあります。オールオン4にした場合は、もちろんこのバネがなくなりますので、違和感は、もちろん少なくなります。部分入れ歯は、部分的に失った歯をバネで固定しますので、歯の外側にバネの厚みがプラスされますが、オールオン4はその分がなくなりますので違和感が少なくなります。

このページのTOPへ

総義歯(総入れ歯)との比較

総義歯との比較:写真

総義歯の患者様にとって、上顎の入れ歯は、どうしても口蓋を広くおおう床の存在が、嘔吐反射や煩わしく感じると思いますが、 オールオン4の場合は、固定式にするために上顎の床の部分が必要ありません。これは、患者様にとって非常に違和感が少ないという利点になると思われます。また、取り外しの必要がありませんので、入れ歯のような煩わしさはありません。

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから