オールオン4の欠点

オールオン4にはこんな欠点があります

残っている歯は、抜歯

オールオン4:写真

オールオン4は、歯を全て失って総入れ歯の方や歯周病で歯が揺れて全ての歯を抜かなけらばならない方への治療法になります。そのため、歯が残っている場合は、全て抜歯を行う必要があります。歯を抜くのが怖いという患者さんもいます。私はいつもオールオン4の手術と歯の抜歯手術を同日に行うことが多いです。前もって歯を抜歯して、総入れ歯を装着してもらい歯肉の治りを確認してからオールオン4の手術を行う場合もあります。オールオン4は、かぶせ物(上部構造)で端から端までつなぎますので、その間に歯があってはならないということになります。

レントゲン写真では、初め歯が残っていますが、インプラントを行った後は、抜歯をしてレントゲンで歯がないことがお解りいただけるかと思います。

奥に歯が1本ない!

オールオン4:写真

天然の歯や入れ歯は、前歯から数えて7番目まで歯が並んでいます。しかし、オールオン4の歯は前歯から数えて6番目までの歯並びとなります。歯が1本ないことにより不安を感じる方もいらっしゃいます。日本人は、米を主食として噛むというよりも、すりつぶすという動作が多いようです。そのため、奥歯に1本歯がないことにより、違和感を訴える患者さんもいます。しかし、オールオン4のそもそものコンセプトは、4本の少ないインプラントで12本の歯を支えるというコンセプトですので、初めから左右の奥歯に歯がないというコンセプトです。慣れるしかないのか?と言われれば、それしかありません。もともと、海外初のコンセプトですので、日本人の食に対する奥深さまでは、考えられていないと思います。

奥に歯が1本ないだけですので、見た目などは一切問題ありません。

歯ぎしり・噛む力が強い人は要注意

オールオン4:写真

歯ぎしりは、歯1本に体重の1.5倍の力が加わると言われています。私であれば体重60キロですので、90キロの力が加わり、そこでギリギリすれば、オールオン4でいくら頑丈に骨と結合していても日に日にその結合が壊れてしまうわけです。このように歯ぎしりや噛む力が強い方は、それに対抗すべくインプラントの本数を増やすか?夜間のナイトガードで歯ぎしり・食いしばりを予防するかになります。

インプラントをすれば全てが大丈夫なのではなく、オールオン4にも限界はあります。そのため、オールオン4のインプラント手術をした後に、仮歯を我々は装着します。その仮歯が壊れたり欠けたりする状態を確認して、インプラントの本数を増やす場合もあります。オールオン5や6にする場合もあるということを頭の片隅に置いておいてください。患者さんによっては、日々のストレスにより歯ぎしり食いしばりがひどくなり、オールオン4を壊してしまう人もいます。

骨の造成が必要な事も!

オールオン4:写真

オールオン4のコンセプトは、できるだけ前方の骨の硬い部分にインプラントを行い骨の造成を行わないという方法をとります。しかし、長年の入れ歯の装着により、前方の骨が全くなくなってしまう患者さんもいらっしゃいます。そのような場合は、奥歯に骨の造成を行い、その部位にインプラントを行います。

骨の造成を行わないのが、オールオン4のコンセプトですが、患者さんによっては、上記の理由でそれができない場合もあります。そんな時は、骨の造成をすることになります。

手術の日に固定できない場合も

オールオン4:写真

オールオン4の魅力の1つに手術当日から、入れ歯を固定することができるという魅力があります。しかし、手術後に入れ歯を固定することができないことがあります。えーーーっと言われる患者さんもいますが、残念ながら医療に100%はありません。固定できない場合もあります。

では、どんな時に入れ歯の固定ができないのでしょうか?それは、予想外に患者さんの骨が柔らかすぎた場合、骨がレントゲンよりも少なかった場合、入れ歯を固定することができません。手術をする前にそれがわからないのか?これがわからないことがあります。第一に骨の柔らかさは、レントゲンでは判断することが難しいです。レントゲンは、そこに骨がある事は高い精度で特定できても、その骨が硬いか?柔らかいか?はわかりません。第二に骨がそこにあるか?どうか?レントゲンの精度にもよりますが、薄い骨や細い骨は、レントゲンに写りにくいです。こればっかりは、新しくて精度の良いCTを医院が導入しているか?ですが、これはわからないですね。現在販売されている歯科用CTは、被曝量も少なく、精度も以前の装置に比べると比較にならないほど良くなっている事は確かです。

このページのTOPへ

オールオン4その他の注意点

というわけで、オールオン4は、全てがパーフェクトなわけではなく、良くない点もあるわけです。治療方法を選択する際に、オールオン4の利点ばかりに目がいってしまうと思いますが、オールオン4の欠点にも目を向けましょう。

利点だけでなく欠点を理解することで、オールオン4の治療を受ける際に非常に参考になると思います。

オールオン4という治療は、通常のインプラントの知識だけでは成功しません。歯科医療の総合的な知識と経験が必要となります。これは、歯科医院側もですし、患者側も正しい知識が必要になります。

このページのTOPへ

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから