インプラントについて

オールオン4の寿命

インプラントの成功率は、上アゴで95%・下アゴで99%となっています。しかし、この成功率に関しては、何を持って成功としているのかが疑問となります。論文では、骨欠損があってもインプラントの動揺がなければ、良しとしてる場合がありますので、何が正解かわからない状態です。

インプラント自体のここ10年の累積残存率は、90%ですので、10本に1本の割合でトラブルが起こっていることになります。この1割の問題を起こすインプラントをどうにかすることができれば寿命が飛躍的に延びることになります。

オールオン4には、2つの寿命があります。1つ目は、かぶせ物の寿命です。2つ目は、インプラントの寿命です。何をもって寿命というのか?で全然違うわけですので、これをわけて説明したいと思います。

このページのTOPへ

①かぶせ物の寿命

①かぶせ物の寿命

1つ目は、かぶせ物の寿命になります。かぶせ物と言っても材質は、さまざまです。代表的なオールオン4の材質を3つピックアップします。

1、アクレリックレジン(プラスティック)

いわゆる入れ歯の材質と同じになります。
この材料は、プラスティックですので、段々に削れて咬み合わせが低くなると前歯が外れる傾向があります。夜間に歯ぎしり食いしばりがあり、ナイトガードをしない患者さんは、5年くらいでこの症状が見られるようになります。「先生、朝起きたら前歯がとれていたんだよね。」「朝、歯ブラシをしていたらとれたんだよね。」というお話をされる患者さんが多いです。
ほとんどの方が、「そんなに硬いものは、食べていなんだけどね!」とおっしゃいます。そうです!食べていないと思います。なぜなら、夜間の歯ぎしり・食いしばりで歯を削っていることに自分で気づいていないからです。
入れ歯タイプのかぶせ物は、値段は安いですが、このような落とし穴もありますので、ご注意ください。

 

2、ハイブリッドセラミック

こちらは、セラミックの粒子とプラスティックを混ぜ合わせて作られた材料となります。
硬さは、非常に天然の歯に近いため、オールオン4のかぶせ物に非常に利用されることが多いです。
また、耐摩耗性に関してもアクレリックレジンに比べると強いので、削れが少ないのも確かです。また、粘りがあるので、かけたりすることが少ないです。
今までハイブリッドで行った患者さんで壊れたケースは、交通事故で壊れてしまったケースのみですので、材料としては申し分ないかと思います。

 

3、ジルコニアセラミック

ジルコニアは、セラミックの中で1番硬いセラミックになります。
ジルコニアは、硬いので壊れにくいですが、逆に言えばそれがあだとないりやすいです。
つまり、硬すぎるというデメリットもあり、壊れない代わりに、下のインプラントへの影響が強くあります
しかし、現在までジルコニアが硬いからといってインプラントがダメになったという論文は、ありません。
また、以前はジルコニアは、色を再現するのが難しいと言われてましたが、現在では、問題なく色を再現することができます。
色合いに関しては、非常に進歩したことにより満足の行く結果をもたらしています。

 

このページのTOPへ

②インプラントの寿命

②インプラントの寿命

オールオン4の2つ目の寿命は、インプラントの寿命になります。インプラントは、絶対に虫歯になりませんが歯周病になります。

オールオン4のメンテナンスは、主に歯周病菌を減らす目的で行います。
細菌の数が多ければ多いほど歯周病のリスクを下げる必要があります。
歯周病というのは、歯の周りの骨が溶けてなくなることを意味します。インプラントの場合は、インプラントの上の部分の骨が吸収します。最終的には、根元まで骨がなくなり、支えを失ったインプラントは、抜け落ちてしまいます。
この歯周病のリスクを避けることでインプラントの寿命が飛躍的に伸びることを覚えておいてください。

インプラントに関しても、歯周病に強いインプラントもあれば弱いインプラントもあります。これは、様々な見解があるので、正解かどうかは非常に微妙な部分もありますので、話半分で聞いてもらっても構いません。
もともと、ノーベルバイオケア社で作製されたノーベルスピーデイーといわれるインプラントを用いてオールオン4を行いました。しかし、現在は、その他のインプラントでも同じような方法で4本インプラントを行えばオールオン4と呼びます。
では、どのようなインプラントで行ったオールオン4が寿命が長いのかといえば、表面の加工をSLA加工を施したインプラントが寿命が高く、歯周病にも強いと言われるようになりました。
明確な答えをもつ論文があるわけではないので、なんとも言えませんが、ドクターの感触的にSLA加工されたインプラントが寿命が長いのではないかという噂があります。

このページのTOPへ

オールオン4の寿命を伸ばすには?

オールオンフォーの寿命を伸ばすには?

インプラントは、人が作ったものになります。人が作ったものは、いずれ壊れる運命にありますが、京都の五重塔のように何十年も存在しつけるものもあります。
インプラントもスウェーデンのブローネマルク博士が患者さんの口腔内にインプラントを埋入して40年以上が経過して機能していますので、そもそも40年は機能することがわかっているわけです。

では、どうすれば長く機能するのかといえば、車と同じで簡単です。

1、汚れたら洗車➡︎歯ブラシ
2、雨が降ったらワイパー➡︎うがい薬
3、車検➡︎定期検診
4、タイヤ交換➡︎かぶせ物交換
5、WAXコーティング➡︎ナイトガード

上記の4つをきちんと行えば間違いなく、オールオン4の寿命を伸ばすことができます。
インプラントをいつもきれいに丁寧に優しく扱えば、車と同じように何年も使用することができますが、タバコを吸ったり、汚れた状態が続くようであればそれは、寿命が短くなることはみなさんも周知の通りかと思います。
タバコだけは、明確にインプラントに悪影響という論文が多数ありますので、タバコだけはオールオン4を受ける方は、禁煙するようにお願いします。

 

ナイトガード

ナイトガード

オールオン4の寿命を伸ばす救世主は、ナイトガードになります。
ほとんどの患者さんは、歯ぎしり・食いしばりで自分のお口の中の環境を壊してしまいます。それにより、歯周病や虫歯を助長して歯を失ってしまう患者さんが非常に多いです。
つまり、オールオン4を行った・行っていない、別としてナイトガードを装着して自分の歯を守る必要がありますが、結構、みなさん、違和感が強いということで、装着されることを拒む方が多いのも事実です。初めは、ナイトガードの違和感が強くても徐々に慣れてきますし、慣れるとナイトガードがないと寝れないと言われる方も多いです。

 

オールオン4の寿命の伸ばし方がわかりましたでしょうか?
まずは、禁煙するということですね。また、ナイトガードを夜間睡眠時に装着するということで、インプラントへの負担を減らすことができます。
あとは、車と同じで洗車や車検を都度行っていくことでオールオン4の寿命が大きく伸ばすことができます。

このページのTOPへ

無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから無料相談会実施中!個別相談あり TEL:0120-961-640 詳しくはこちらから